ご利用シーン

紛失・盗難時の情報漏洩を防ぎたい

スマートフォン/タブレットはパソコン並みの性能を持つため、業務に活用できます。企業情報や個人情報が保存された端末を紛失・盗難された場合、ロック・ワイプ機能により、スマートデバイスからの情報漏洩リスクを低減させることが可能です。

紛失・盗難時に端末の位置情報を取得したい

スマートフォン/タブレットはそれ自体が企業の資産です。万が一紛失・盗難した場合でも端末の位置情報がわかれば、闇雲に探すことなく効率よく探すことが可能です。

社内へのカメラ持ち込みは禁止なのでカメラ機能を止めたい

機密書類や会議のメモをスマートフォンのカメラで撮影した画像が流出した結果、情報が漏洩してしまうことがあります。金融業界やお客様の個人情報を扱う企業ではカメラの利用を制限する例が増えています。

起動時のパスワード利用を義務化したい

端末の起動時のパスワードの設定は義務化したくても、社員全体に徹底する事は困難です。 SPPMを利用することで、統一したセキュリティルールを徹底することができます。

無線LANの利用を禁止したい

社内ネットワークを無線LANで構築する企業は増加しており、ネットワークの通信内容が第三者に漏洩すれば、重大な危機に繋がります。無線LANを利用できる端末を決めることでリスクを回避することができます。

SDカードの利用を禁止したい

SDカードにはスマートフォン/タブレットのありとあらゆる情報が保管することができ、非常に有用です。しかし、容易に取り外して持ち出すことができるため、情報漏洩するリスクが高くなります。近年、SDカードの利用を制限する機能が強く求められています。

Bluetoothの利用を禁止したい

Bluetoothはヘッドホンの接続に使う程度で危険はないと考えている方がいますが、それは大きな間違いです。脆弱性を突くことで通話を盗聴されたり、メールの盗み見したり、電話帳を読み書きされるという事件も発生しているため、対策は必須です。

アプリをリモートで集中管理したい

自由なアプリの利用を許可してしまうと、ゲームアプリなど業務以外での端末利用や、マルウェア・ウィルスによる情報漏洩など様々なリスクが発生します。SPPMではアプリのインストール状況確認・利用制限など一元管理が可能です。

端末の利用状況を把握したい

端末が通信を行える状態にあるか、端末は正しく利用されているかなどは、通常は利用者からの報告がないと把握することができません。SPPMを導入することで端末の利用状況や、 管理者からの指示の到達状況も容易に把握することが可能です。
このようなスマートフォン/タブレットを導入することで生じる様々なリスクを回避し、
解決するサービスが「SPPM2.0」です。