トピックス

SPPM Android版 Ver3.14をリリースいたしました
2017.05.31
平素はSPPMをご利用いただき、誠にありがとうございます。

この度、SPPMの新バージョン Ver3.14(Android版)及び
登録処理中iOS端末用ライセンスキーリセット機能を5月31日(水)に
リリースさせていただきますので下記の通りご案内申し上げます。
また、サーバーバージョンアップに伴い各機能改修/不具合修正を
実施していますので、合わせてご確認ください。

■SPPM Agent 公開バージョン【SPPM Agent ver3.14】

■新バージョン公開日時
 5月31日(水)午前以降
 ※GooglePlay申請通過後の公開となります。

■新バージョン公開方法
 Google Play
 ※Google Playをご利用になれない方は SPPM Agentアプリダウンロードサイトをご利用ください。

[機能改修]
【Android】
・Galaxy端末向け「アプリアンインストール制限」機能追加
⇒「アプリアンインストール制限」ポリシーにGalaxy端末が対応しました。
 アンインストールを禁止するアプリを設定できます。
※E-SDK 1.0 以上で利用可能。
※SPPM Agent自体の設定は不可。

・連携アプリ「アプリポータル」機能追加
⇒連携アプリに「アプリポータル」機能が追加されました。
管理画面で設定したGooglePlayの各アプリダウンロードページのリンクを
端末上に一覧で表示することができます。

【iOS】
・登録処理中iOS端末用ライセンスキーリセット機能追加
⇒iOS端末の登録処理中に「端末登録中」「詳細情報待ち」と
 ステータス欄に表示されるようになりました。
 また、登録処理中のままになっているライセンスをリセット可能です。

・iOS端末登録処理中ライセンス検索機能追加
⇒「端末登録中」「詳細情報待ち」とステータス欄に表示される
 ライセンスを一括検索する機能が追加されました。

[不具合対応]
【Android】
・マルチユーザー制御時、追加ユーザーのまま端末を再起動すると
 端末ロックが起動してもシグナルが端末ロック中にならない不具合を修正しました。

【iOS】
・ライセンスキーリセット時にExchangeIDがリセットされない不具合を修正しました。

【Windows】
・管理画面で「PC名」が稀に空欄で表示される不具合を修正しました。
※通信毎に「PC名」が最新に更新されるようになりました。

[追加対応機種 (9機種)]
・docomo
-Xperia Z5 SO-01H(OS7.0)
-Xperia Z5 Compact SO-02H(OS7.0)

-Xperia Z5 Premium SO-03H(OS7.0)
-Xperia Z4 SO-03G(OS7.0)

・au
-Qua tab PX LGT31(OS7.0)

・SoftBank
-LenovoTAB3 601LV(OS6.0)

・非キャリア端末
-ARROWS M357(OS6.0.1)
-タフパッド FZ-N1A(OS5.1.1)
-Lenovo YOGA Tab 3 8 YT3-850L(OS6.0.1)

<※機種依存情報※>
– 下記記載の「OS依存情報」も併せてご確認下さい。

 -Xperia Z5 SO-01H(OS7.0)
 -Xperia Z5 Compact SO-02H(OS7.0)

 -Xperia Z5 Premium SO-03H(OS7.0)
 -Xperia Z4 SO-03G(OS7.0)
 -Qua tab PX LGT31(OS7.0)
 ※機種依存制限はございません。

 -LenovoTAB3 601LV(OS6.0)
 ・バッテリーセーバーを使用するとスリープ状態では定期通信と緊急指示が制限されます。
 ・利用アプリ制限で「ダウンロード」が制限できません。
 ・デバイス制御でWiFiテザリングを制限できません。
 ・デバイス制御でUSBテザリングを制限できません。

 -ARROWS M357(OS6.0.1)
 ・プライバシーモード設定した連絡先と通話履歴を削除できません。
 ・「強制通知音」を設定したメッセージ配信を受信するとマナーモードが解除されます。
 ・端末のアプリケーションロック機能でSPPMをロックすると、
  SPPMの警告やメッセージが出る度に認証画面が表示されます。
 ・利用アプリ制限で「ダウンロード」を制限できません。
 ・SPPMホーム指定時でもスライドイン機能によるランチャーを制限できません。

 -タフパッド FZ-N1A(OS5.1.1)
 ・データ消去機能でUSBストレージが削除されません。
 ・ハードリセット機能で外部メモリが削除されません。
 ・ハードリセット機能でUSBストレージが削除されません。
 ・利用アプリ制限で「ダウンロード」「ファイルコピー」が制限できません。
 ・DeviceManagementでGPSを「常に無効」にしGPS有効義務化の位置情報取得ポリシーを適用すると、
  端末の位置情報モードのGPS項目は非表示になりますがGPS義務化警告画面は表示され続けます。
 ・DeviceManagementでWiFiを「常に有効」にすると、デバイス制御でWiFiを制限できなくなります。
 ・DeviceManagementでBluetoothを「常に有効」にすると、
  デバイス制御でBluetoothを制限できなくなります。
 ・Wi-Fi 設定で「非公開ネットワーク」設定をOFFにしていても非公開ネットワークへ接続できます。
 ・Internet VirusWall(IVW)は非対応です。

 -Lenovo YOGA Tab 3 8 YT3-850L(OS6.0.1)
 ・利用アプリ制限で端末のロック画面の音声検索を制限できません。
 ・バッテリーセーバーを使用するとスリープ状態では定期通信と緊急指示が制限されます。

<※OS依存情報※>
-OS依存とは、Google社のOS仕様変更の影響によるSPPM機能の制限事項です。
こちらの情報は注意事項ページにて掲載しております。

  ■注意事項ページ
  http://www.sppm.jp/対応機種/注意事項/

尚、今回の対応を記載したSPPM2.0管理マニュアルを
機能公開と合わせて更新いたします。
詳細な設定方法につきましてはこちらでご確認いただきます様、お願い申し上げます。

以上。
今後ともSPPM2.0をご愛顧いただけますよう宜しくお願い申し上げます。
お問い合わせお問い合わせ

ダウンロード

一覧へ
各種資料・お申し込み書類はこちらから
導入事例導入事例