トピックス

SPPM Android版 Ver3.30をリリースいたしました
2018.07.05
平素はSPPMをご利用いただき、誠にありがとうございます。


この度、SPPMの新バージョン Ver3.30(Android版)を7月5日(木)に
リリースさせていただきましたので下記の通りご案内申し上げます。

■SPPM Agent(Android) 公開バージョン【SPPM Agent v3.30】

■新バージョン公開日時
 7月5日(木)

■新バージョン公開方法
 GooglePlay
 ※GooglePlayをご利用になれない方は SPPM Agentアプリダウンロードサイトをご利用ください。

■Android Enterprise(Comp)機能追加
 Work Managed Device 端末にWork Profile(仕事領域)を追加する機能
 (通称:Comp)が実装されました。
 業務端末内でもユーザーが自由に扱える領域と仕事用として扱う領域を区別しご利用頂けます。

 <対応機能>
 ・ポリシー
  - 緊急時ポリシー
  - デバイス制御ポリシー
 ・Android Enterprise
  - Work Profile 設定
  - サイレントインストール / アンインストール
  - アプリ設定
  - PlayStoreレイアウト設定

  ※Work Managed Device と Work Profile ではポリシーの対応内容が異なります。
   詳細はマニュアルをご確認ください。
  ※本機能はAndroid OS 8.0 以降の端末でのみ利用可能です。
  ※本機能は「Managed Google Playアカウント」で企業登録されている
   環境でのみ利用可能となります。
   「G Suiteアカウント / Google管理者アカウント」で企業登録されている場合は
   ご利用いただけないためご注意ください。
  ※Work Profileの追加はWork Managed Device端末でのみご利用いただけます。

[機能改修 / 不具合修正]

【Android】
・「Play Store のアカウント変更」制御機能追加
 ⇒Android EnterpriseにおいてPlay Storeで利用できるアカウントの変更を
  制御できるようになりました。
  ※本バージョンから変更禁止がデフォルトとなります。
   変更するにはデバイス制御ポリシーで許可設定が必要です。

[追加対応機種 (5機種)]
(★ : Work Managed Device 動作確認済)
(☆ : Comp 動作確認済)

・au
-Xperia XZs SOV35(OS8.0.0)★
-Xperia X Performance SOV33(OS8.0.0)★
-TORQUE G02 KYV35(OS6.0.1)★

・その他
-Nexus 5X(OS8.0)★☆
-ST080(OS7.0)★ ※Anrdrid Enterpriseのみ対応

<※機種/OS依存情報※>
-機種依存とは、機種毎の実装の影響によるSPPM機能の制限事項です。
  追加対応機種の情報は対応機種ページにて掲載されます。
-OS依存とは、Google社のOS仕様変更の影響によるSPPM機能の制限事項です。
  こちらの情報は注意事項ページにて掲載しております。

  ■対応機種ページ
  http://www.sppm.jp/対応機種

  ■注意事項ページ
  http://www.sppm.jp/対応機種/注意事項/

尚、今回の対応を記載したSPPM2.0管理マニュアルを
機能公開と合わせて公開いたします。
詳細な設定方法につきましてはこちらでご確認いただきます様、お願い申し上げます。

以上。
今後ともSPPM2.0をご愛顧いただけますよう
宜しくお願い申し上げます。
お問い合わせお問い合わせ

ダウンロード

一覧へ
各種資料・お申し込み書類はこちらから
導入事例導入事例