TORQUE SKT01

water-photo

TORQUEは、落下、耐振動、高温、低温、塩水など過酷な環境下での性能試験である米国国防総省の調達基準(MIL-STD-810G)※1及び防水規格IPX5・IPX7、防塵規格IP6Xに準拠した国内初のスマートフォンです。高い堅牢性を有しているので、建築や工事の現場などでも安心してお使いいただけます。
※1
過酷な環境下での試験を実施する米国国防総省の調達基準(MIL-STD-810G)の11項目 (Dust(粉塵)、Shock(落下)、Vibration(振動)、High Temperature(高温)、Low Temperature(低温)、Blowing rain(風雨)、Low pressure(低圧)、Solar radiation(太陽光照射)、Salt fog(塩水噴霧)、Humidity(湿度)、Immersion(浸漬))に準拠した試験を実施。本製品の有する性能は、試験環境下での確認であり実際の使用時、すべての状況での動作を保証するものではありません。また、無破損・無故障を保証するものではありません。予めご了承ください。

防水性能 30分間にわたる降雨や浸水に対しての防水性能を有します
防塵性能 6時間にわたる粉塵環境試験をクリアする防塵性能を有します
耐衝撃性能 高さ約1.22mから26方向での落下試験にクリアする落下衝撃性能を有します
温度耐久性能 過酷な温度環境下での耐久性能を有します
 動作環境 -21~50℃の温度範囲で3時間の温度耐久性
 保管環境 -30~60℃の温度範囲で4時間の温度耐久性
耐振動性能 1時間に及ぶ3方向での振動試験をクリアする耐振動性能を有します
塩水耐久性能 24時間の塩水噴霧後、24時間の乾燥放置状態の試験をクリアする塩水耐久性能を有します
防湿性能 連続10日間、高湿度の環境下での放置試験をクリアする防湿性能を有します
耐日射性能 24時間にわたる日射条件(合計1,120W/m2)をクリアする耐日射性能を有します
低圧性能 2時間にわたる低圧(57.11kPa:約4,572メートル)をクリアする低圧性能を有します
kyocera-logo

TORQUE と SPPM2.0の親和性

TORQUE は、高い堅牢・防水・防塵性などを備えており、過酷な環境にも耐え得るスマートフォンです。そのため、従来のスマートフォンが苦手としていた業種・業態への導入を可能としており、運輸業、倉庫業、農業、漁業、建築業、製造業などでの活用が期待されます。


 例として高所作業での端末落下時の耐衝撃性、土汚れに対する防塵・防水性などが求められる「建設業」においてはTORQUE採用は最適です。
屋外での利用が中心になるため、比較的端末紛失のリスクが高くなると言えます。
業務で利用する以上、端末には機密情報・顧客情報などが蓄積されるので、情報漏洩防止のため確実に端末ロック・ワイプを実施する必要があります。
 SPPM2.0では端末ロック・ワイプを行うための緊急指示トリガーを複数備えているため、通信が行えれば即時に実行、通信が行えない状況であったとしても確実に実行して情報漏洩を防止します。


 また建築現場や工事現場などの環境において、スマートフォンの細かい操作は、誤操作を招き業務効率が低下する可能性もあります。
 SPPM2.0では利用アプリ制限機能(SPPM HOME)により、業務に関わる必要最低限のアプリのみを表示し、その他のアプリは非表示とする
事ができます。このように業務専用端末としてシンプルにカスタマイズすることで誤操作を防ぐことができ、業務効率の低下を未然に防止します。

 TORQUEとSPPMの堅牢性により、端末のセキュリティを維持しながら業務効率の向上を実現いたします。


TORQUE × SPPM2.0のご提案例

Case1.運輸業・倉庫業へのご提案例

Case1-photo
■優れた温度耐久・塩水耐久
夏場の高温になる車内や倉庫内、冷凍倉庫内や寒冷地であっても利用することができるため、季節や環境を選ばずに利用できると高評価をいただいているとのこと。 また塩水耐久性能も有しているため、船便での輸送時、港での積荷の揚げおろし作業時などの海の近くでの利用も問題なく利用できるとのこと。

Case2.建設業・製造業へのご提案例

Case2-photo
■防塵・防水・耐衝撃など過酷な環境での活用
防塵・防水・耐衝撃を備えているため現場を選ばずに利用することができ、端末のことを気にかけずに済むため、業務に集中して取り込めるようになったとのこと。またスマートソニックレシーバー®により、建設現場や工場内など騒がしい場所でも相手の声がしっかりと聞こえるので、電話の度に現場を離れる必要がなくなり、時短につながったとのことです。


content_04-title
SPPM2.0をインストールすることで、端末へのセキュリティ対策・業務外利用の防止・端末の統合管理による管理コストの削減などを実現することができます。 パスワード設定などの全体周知を行っても徹底が難しい内容も、設定を義務化させることが可能であるため、管理者が決定したセキュリティポリシーの徹底を実現します。



content_04-title


※TORQUE端末画像提供 京セラ(株)
※Google Play、Google Playロゴ、Android、Androidロゴは、Google Inc.の商標または登録商標です。
※文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。TORQUE SKT01
お問い合わせお問い合わせ

ダウンロード

一覧へ
各種資料・お申し込み書類はこちらから
導入事例導入事例