有料オプション

SPPM BizBrowser

提供元:アルプスシステムインテグレーション株式会社

法人向け WEBフィルタリングサービス

SPPM BizBrowserは、従業員による業務とは無関係なサイト・有害サイトの利用や、
セキュリティ上問題のあるサイトへの接触などをシステム管理者による一括管理で防ぎます。
法人でのスマートフォンやタブレット利用時は必須のサービスです。

カテゴリーやURL指定によりアクセス制限が行えるほか、
アクセス履歴をログで確認することもできます。

対応OS
Android / iOS / Windows
価格
1台 275円(月額/税込)
単体契約
可能

ご利用イメージ

簡単なルール設定で、すぐに運用を開始できます。

機能一覧

フィルタリング機能一覧

機能 Android iOS Windows
URLフィルタリング(148カテゴリ)
HTTPSサイトのフィルタリング
例外URL設定
G Suite(旧Google Apps)ログイン制限 ×
ブラウザ規制 ※1 ×
IPアドレスリクエスト規制 × ×
ポート番号規制 × ×
書き込み規制
セーフサーチロック(対象サイト:Google、Yahoo、Bing、YouTube) ※2
アプリケーション規制 × ×
フィルタリング対象アプリケーション選択
(全通信/指定したアプリケーションの通信のみ)
× ×
指定アプリケーションのフィルタリング無効化 × ×
スケジュール設定(時間/曜日別)
フィルタリングキャンセラ
(社内での利用時にフィルタリング機能を停止させることで、ゲートウェイ型のフィルタリングソフトと併用が可能)
管理画面でのURL分類カテゴリの確認
クライアントプログラムの自動アップデート
  1. 主要なブラウザ(標準ブラウザなど)の利用を制限します。
  2. セーフサーチロック機能の対象となる検索サイトは、検索サイト側の仕様変更などにより不定期で変更となる場合があります。

ブラウザ機能一覧(Android / iOS)

機能 Android iOS
閲覧履歴の制御(保存する/保存しない/利用者が設定)
テキストのコピー、辞書登録防止
画像の保存、コピー防止
ブックマーク登録、編集、削除(最大50件)
ブラウザ自動初期化
最大8個のウインドウ表示
Basic/Digest認証対応
ストリーミング再生
ファイルアップロード
Cookie消去
ブラウザ初期化
ホームページ設定
画面の表示方向設定
位置情報送信有効設定 -
管理画面表示アカウント名変更
フィルタリングルール手動更新
アンインストールブロック
URLスキーム

Windows版はクライアントソフト、iOS/Android版は専用ブラウザでWebフィルタリングサービスを提供します。

動作環境

Android、iOS版

最新バージョンのSPPM BizBrowserアプリを利用する際の動作環境です。
その他についてはお問い合わせ下さい。

OS Android Android OS 7.0~11.0
iOS iOS 14 / 15
iPadOS 14 / 15
Windows版

最新バージョンのSPPM BizBrowserクライアントを利用する際の動作環境です。
その他についてはお問い合わせ下さい。

OS 32bit
  • Windows 8.1 / Pro / Enterprise
  • Windows 10 Home / Pro / Enterprise / Pro for Workstations / Education
  • Windows 11 Home / Pro / Enterprise / Education

日本語版のみ対応

64bit
  • Windows 8.1 / Pro / Enterprise
  • Windows 10 Home / Pro / Enterprise / Pro for Workstations / Education
  • Windows 11 Home / Pro / Enterprise / Education

日本語版のみ対応

CPU OSの動作要件を満たすこと
メモリ OSの動作要件を満たすこと
HDD 120MB以上の空き領域(エラーログ使用領域を除く)
通信速度 128Kbps以上推奨
対応ブラウザ
  • Microsoft Edge/ Microsoft Edge 79.0.309.71 以降(Microsoft)※1
  • Firefox / Firefox ESR (Mozilla)
  • Chrome(Google)
  • 最低画面解像度 1280×768

その他 クライアントモジュールをインストールするコンピュータでは、DNSによる名前解決ができる必要があります。

仮想環境を使用する場合
Vmware:Horizon View / ESXi
Citrix:XenDesktop / XenServer

  1. ChromiumベースのEdgeが対象となります。

導入をご検討中の方はこちら

まずは無料トライアルでお気軽にお試しください