トピックス

SPPM Android版 Ver3.51をリリースいたしました
2020.01.30
平素はSPPMをご利用いただき、誠にありがとうございます。

この度、SPPMの新バージョン Ver 3.51(Android版)を1月30日(木)に
リリースさせていただきましたので下記の通りご案内申し上げます。

■SPPM Agent(Android) 公開バージョン【SPPM Agent v3.51】

■新バージョン公開日時
 1月30日(木)午前

■新バージョン公開方法
 GooglePlay
 ※ガラホ端末をご利用の場合は、専用ダウンロードサイトをご利用ください。

[機能改修 / 不具合修正]
【Android / Android Enterprise】
・SPPM AgentがAndroid OS 10 に対応しました。
 対応モード:Work Managed Device / WorkProfile / Comp
 ※ Android 10以降ではAndroid Enterpriseの利用が必須です。

《OS依存情報》
・通常キッティングでSPPMを利用することはできません。
 ※Android Enterpriseのご利用が必須です
・SetUpMasterを利用したキッティングは非推奨です。
 ※端末によって利用できない場合があります
・「発着信番号制限」ポリシー利用時およびAndroid8.0以降の端末ロック時に
 発信制限を利用するためには通話転送アプリとしてSPPMを指定する必要があります。
・Work Profileモードのキッティング時に一部の権限設定画面が表示されません。
 ※通知から設定を完了させる必要があります
・データ消去機能で内部ストレージの指定削除ができなくなりました。
・「ファイル配布」ポリシーはご利用いただけません。

《対応機種情報》
 SPPMは各機種とOS毎に対応を行っております。
 最新の対応機種情報は以下をご確認ください。
 https://www.sppm.jp/対応機種/

・GooglePlayストアのポリシー順守のため、以下の条件を ”全て” 満たす端末にて、
「アプリ配信」ポリシー機能がご利用いただけなくなります。
 ※ 詳細資料:https://www.axseed.co.jp/dl/sppm_app_install.pdf 
 ー SPPM Agent v3.51がインストールされている端末
 ー Android OS 7.0以降の端末
 ー Android Enterpriseを利用していない端末
 ー SONY Xperiaシリーズ / Samsung Galaxyシリーズ以外の端末
 ー ガラホ端末以外の端末

・SHARPモジュール v1.2を公開しました。
 SPPM Agent v3.51以降との組み合わせで
 「外部SDカード」「USB」の利用を制限できます。

・Android Enterpriseのサイレントインストール機能に
 対象端末をCSVで指定する機能を追加しました。

・Android Enterpriseの「アプリ設定」に、
 「アプリ設定(高度な設定)」を追加しました。

・端末側のスペック等の影響により、SPPMの定期通信が停止した際に
 管理画面上にアラートログを表示する機能を追加しました。

【iOS】
・「VPPライセンス付与・回収結果CSV出力」機能を追加しました。
 「VPP管理配布」ポリシーが失敗した際のエラー内容をCSVで確認できます。

[追加対応機種]
(★ : Work Managed Device 動作確認済)
(◇:通常動作確認済み)

・docomo
– Galaxy A20 SC-02M(9)★

・その他
– Google Pixel 4(10)★

以上。
今後ともSPPM2.0をご愛顧いただけますよう
宜しくお願い申し上げます。
お問い合わせお問い合わせ

ダウンロード

一覧へ
各種資料・お申し込み書類はこちらから
導入事例導入事例