トピックス

SPPM Android版 Ver3.42をリリースいたしました
2019.01.30

平素はSPPMをご利用いただき、誠にありがとうございます。

この度、SPPMの新バージョン Ver3.42(Android版)を1月30日(水)に
リリースさせていただきましたので下記の通りご案内申し上げます。

■SPPM Agent(Android) 公開バージョン【SPPM Agent v3.42】

■新バージョン公開日時
 1月30日(水)午前

■新バージョン公開方法
 GooglePlay
 ※GooglePlayをご利用になれない方は SPPM Agentアプリダウンロードサイトをご利用ください。

■バージョンアップに伴うメンテナンス予定日時
 ※Agentアプリの公開のみとなりますので、サーバ停止・瞬断等は発生いたしません。

[機能改修 / 不具合修正]

・Android OS 9.0 対応
SPPM AgentがAndroid OS 9.0 に対応しました。
対応モード:通常 / Work Managed Device
※WorkProfile / Compは現在非対応です。
※下記AV連携アプリは現在Android OS 9.0 非対応です。
  -Mobile Security for MDM(MSMDM)
  -Internet VirusWall(IVW)
  -McAfee VirusScan Mobile(McAfee)
※対応機種は対応機種一覧をご確認ください。
 URL:https://www.sppm.jp/対応機種/

  【仕様変更】
  端末の位置情報設定から「位置情報モード」がなくなりました。
  これに伴い、位置情報取得ポリシーで「◆位置情報設定有効義務化」を
  設定時に有効要求される機能が変更されます。
    無線ネットワーク ⇒ Google位置情報の精度
    GPS機能 ⇒ 位置情報機能

・E-API 対応OSバージョン変更

⇒Android OS 9.0のE-API対応に伴い、
 Xperia端末における一部E-API機能の対応OSバージョンが変更されます。

 - デバイス制御ポリシー
  ⇒「Volume Key」制御がAndroid OS 9.0未満では非対応になります。
 - アプリ配信/Agent管理
  ⇒「サイレントインストール」がAndroid OS 6.0未満では非対応になります。
   ※Android OS 6.0未満では通常のアプリ配信が実行されます。

・Android OS 8.0以降のGalaxy端末において、端末ロック中の
 利用アプリ制限時にE-SDKによるアプリ非表示制限ではなく、
 通常のブロック画面制限となっていた不具合を修正しました。

・端末登録時にSPPM Agentがv3.01未満だった場合、
 「動態管理/利用統計」の対応バージョンへバージョンアップしても
 正常にデータを集計できない不具合を修正しました。
 v3.42へバージョンアップすることで正常にデータ集計が行えます。

[追加対応機種 (4機種)]
(★ : Work Managed Device 動作確認済)

・docomo
-Xperia XZ3 SO-01L(OS9.0)★
-Galaxy Note9 SC-01L(OS8.1.0)★

・その他
-Google Pixel 3(OS9.0)★
-LenovoTab3 10 Lenovo TB3-X70L(OS6.0)

以上。
今後ともSPPM2.0をご愛顧いただけますよう
宜しくお願い申し上げます。
お問い合わせお問い合わせ

ダウンロード

一覧へ
各種資料・お申し込み書類はこちらから
導入事例導入事例