トピックス

SPPM Android版 Ver3.57 および iOS版 Ver1.3.4をリリースいたしました
2020.12.18
平素はSPPMをご利用いただき、誠にありがとうございます。

この度、SPPMの新バージョン Ver 3.57(Android版)および Ver 1.3.4(iOS版)を
12月18日(金)にリリースさせていただきましたので下記の通りご案内申し上げます。
また、サーバーバージョンアップに伴い各機能改修を
実施いたしましたので、合わせてご確認ください。

■SPPM Agent 公開バージョン【SPPM Agent v3.57(Android) / v1.3.4(iOS)】

■新バージョン公開日時
 12月18日(金)午前

■新バージョン公開方法
 ・Android版:GooglePlay
 ※ガラホ端末をご利用の場合は、専用ダウンロードサイトをご利用ください。
 ・iOS版:App Store

[追加対応機種]
(★ : Work Managed Device 動作確認済)
(◆ : Work Profile 動作確認済)
(☆ : Comp 動作確認済)
(◇:通常動作確認済み)

・docomo
– Galaxy S10 SC-03L (10)★

・au
– Galaxy A20 SCV46 (10)★

[機能改修]
【Android Enterprise】
・デバイス制御ポリシーで「非常用節電モード/緊急省電力モードを許可する」を
 制限している状態でも着信音の鳴動に影響しないよう、該当機能の制限方法を変更しました。
 ※ 修正を適用するには SPPM Agent v3.57以降へのアップデートが必要です

・Android10の端末で「接続先URL制限」ポリシー(SecBrowser)がご利用いただけない事象を改善しました。
 ※ 修正を適用するには SPPM Agent v3.57以降へのアップデートが必要です

・「Chrome」が利用アプリ制限ポリシーで制限されている場合でも、
 サイレントインストールが利用できるようになりました。

【iOS】
・「アプリ管理」と「VPP管理配布」ポリシーを同時に適用した場合に、
 「アプリ管理」ポリシーが正常に完了しない事象を改善しました。

・「アプリ管理」ポリシーに「VPPライセンスの自動付与/回収」設定を追加しました。
 設定を有効にすると自動的に「VPP管理配布」ポリシーが作成および適用されます。

・「アプリカタログ」機能を追加しました。※ SPPM Agent v1.3.4以降でご利用可能です
 SPPM Agent上に管理者が指定したアプリのみ表示でき、端末ユーザ側の操作で
 対象アプリのインストールが可能になります。(AppleIDを利用した配信には対応しておりません)

・ポリシーが「反映待ち」の状態の場合に、端末情報や
 インストールアプリ一覧が取得できない事象を改善しました。

【共通】
・「グループ管理」機能に「ポリシー適用」機能を追加しました。
 特定のグループに所属する端末全台に一括でポリシーを適用することができます。

・Lookout連携機能に「脅威別詳細設定」機能を追加しました。
 事前に設定を行っておくことで、脅威検知時に自動で任意のポリシーの適用や
 緊急指示を実行することができます。

・管理者IDのパスワード強度を「4文字以上」から「8文字以上 / 英数混在」に変更しました。

・その他、軽微な不具合を修正しました。

以上。
今後ともSPPM2.0をご愛顧いただけますよう
宜しくお願い申し上げます。
お問い合わせお問い合わせ

ダウンロード

一覧へ
各種資料・お申し込み書類はこちらから
導入事例導入事例