導入事例

ピーアークホールディングス株式会社

dl-bot
1980年設立。関東一円でパチンコホールやカフェなど33店舗を展開するレジャーグループ企業。
「ピーくん」をキャラクターに健全で親しみやすい雰囲気づくりとともに、業界に先駆けて遊技フロア完全禁煙ホールや1円パチンコなど、革新的な店舗戦略も展開している。※2019年12月時点
各店舗や事務所にスタッフが散在するピーアークは、社内コミュニケーションにモバイルを活用。
しかし導入から2年後、なんと使用端末がMDMのサポート外に!
同社はこのピンチを「SPPM」で切り抜ける。
セキュリティの高いモバイルネットワーク
「もともと、フィーチャーフォンをIP電話で内線運用して、低コストの社内電話網を構築しようと考えていたんです。でも、スマートフォンの方が利用価値が広がるんじゃないかと考え直して、スマホベースの社内向けモバイルネットワークを構築しました」と、コーポレート戦略部の中條宏章氏は語る。
ピーアークホールディングス(以下「ピーアーク」)のセキュリティに関する意識は高く、以前からMDMをきわめて重要と位置付けてきた。
実際、テザリングやWi-Fi接続の通信制限、USBやSDカードスロット、スクリーンショット機能の無効化などを必須として運用している。
中條氏「大手キャリアさんが提供するオフィスネットワークサービスに加入しているので、社内の電話は内線番号でかけられるんです。そこにチャットベースのコミュニケーションアプリを加えることで、社内の取り組みを迅速に共有するなどしています。スクリーンショット機能を無効化しているのは、こういったアプリ画面からの情報流出を防ぐためです」
ところが端末更改時、それまで使用していた端末がサポート外になるという問題が発生。
中條氏は、急きょ新しいMDMを探すことを余儀なくされる。
どうする?端末600台の設定作業
中條氏「同じ轍を踏まないためにも、端末や環境へ幅広く対応できるものを探していました。キャリアさんにも相談したところ、SPPMをこ紹介いただいたんです。
機能を見てみると、望んでいたことがすべてできるうえ、利用しているビジネスサービスパックから利用できるのも便利でした」
後継のMDMは無事見つかったものの、中條氏には依然大きな気がかりがあったという。それはMDM変更に伴う、およそ600台もの端末の設定作業(キッティング)だ。
ピーアークホールディングス株式会社
コーポレート戦略部 中條宏章氏
中條氏「ある程度の覚悟はしていましたし、スタッフと手分けして作業することを前提に、更新手順のマニュアルを作るなど準備もしていました。が、正直、それでも時間内に終わるだろうか、という不安がありました。
だからといって、端末の設定を社員各自にさせるわけにもいかず……。
アプリのリストを渡して、これをインストールしてIDとパスワードを設定してください、なんて無理ですよね。
それでもサポートは必要になるし、セキュリティの都合上、社員には教えられない情報もある。
結局、こちらで設定してから渡さざるを得ない」
しかし、設定作業も目前のある日、朗報がもたらされる。
それは「SPPMがAndroid Enterprise(以下AE)に対応した」という情報だった。
AE対応のMDMでは、端末を1台ずつ手に取って設定する必要はない。PCの管理画面から、端末ごとの設定情報を一括で配信することができるからだ。
Android Enterpriseで一括設定!
中條氏「SPPMがAEに対応していると知ったのは、作業日の1週間前でした。ああ、これで助かった!と思いましたね。
同時に、せっかくの準備が無駄になっちゃうのか、という考えも一瞬頭をよぎりましたが、そこは冷静に(笑)AEで行こうと決めました」
なお、その効果については、大量の端末の設定が「想定していた半分以下の時間と手間で済みました」とのこと。
中條氏「とにかくラクでした。端末をMDMからまとめてIDで管理できるので、それぞれにGoogleアカウントを取得・設定する手間が不要です。また、Googleアカウントは一定期間使わないと自動失効してしまいます。
そのため、久しぶりに使ったらアプリをインストールできないとか、サービスにログインできないといったケースがあったのですが、今後はこれらのトラブルもなくなるでしょう。
さらに、端末を柔軟にハンドリングでき、初期状態でインストールされている不要なアプリも容易に削除できる。これも大変便利でした」
AEは設定時だけでなく、運用面でも大きなアドバンテージになっていると、中條氏はいう。
中條氏「当社ではユーザーをいくつかのグループに分け、それぞれに合わせたアプリやセキュリティポリシーの設定、電話帳の配信を行っています。
たとえば、店長以上の役職にはグループウェアやデータベースヘのアクセスを許可しています。ここでやりとりされる情報はファイルを含めて重要なものが多く、アクセス権の管理は非常に慎重なんです。
その点、SPPMはこれらをAEでしっかりコントロールできるから安心。グループウェアヘのアクセス権限を失った社員の端末に対して、そこにログインするためのアプリを直接アンインストールするとかね。
当人へのアプリ削除のお願いや削除完了の確認が不要で、非常に便利です。
何より、早くて確実なのがいい」
機種選定の基準に影響するほど重要
セキュリティポリシーは4種類あり、グループごとに適合したものを設定。メールやテザリング、アプリインストール、ブラウザからのインターネットアクセスなどを制御している。さらに、電話帳の配信にも重宝しているという。
中條氏「電話帳は、社員の異動、結婚、入社、退職、取引担当者の交代などにより更新されるので、毎回結構な情報量になりますね。これらのマスターデー夕はExcelで管理しています。その最新情報は、およそ1ヵ月に2回の割合で配信していますが、一発で配信できるのがいいですね」
SPPMへの希望についても伺ってみた。
中條氏「SPPMでアプリヘのログインまで管理できるといいですね。弊社の運用では、我々が許可したIPアドレスからしかアプリにログインできないのですが、外出や出張中の社員に外から一時的にログインを許可する場合がある。
そのとき、自動的にログイン状態にできると嬉しい」
SPPMはIDやパスを送る機能を持っているので、現時点でもアプリ側の対応次第で、それ自体は実現不能ではない。今後、企業ニーズヘの対応をより重視した設計のアプリが増えれば、MDMとのさらに高度な連携も可能になるだろう。
「AE対応のSPPMはとにかく便利」と語る中條氏は「次に端末を入れ替える時も、必ずこの環境で使える製品を選びます」と言い切る。
それほど、SPPMの高い機能性と使い勝手の良さに惚れ込んでいるようだ。
■導入製品 SPPM 2.0
清潔で快適な店内。
お客様専用のWi-Fiも完備!
お問い合わせお問い合わせ

ダウンロード

一覧へ
各種資料・お申し込み書類はこちらから
導入事例導入事例